〒273-0125 千葉県鎌ケ谷市
東武野田線・新京成線・北総線の新鎌ケ谷駅から徒歩8分/新京成線の初富駅から徒歩5分

    体験レッスン募集中    
営業時間:9:00~17:00
営業日:水・日

お問合せ・体験レッスンはこちら

03-5654-9666

「時短パン生地作りにはフードプロセッサーがおすすめです♪

Cuisinart(クイジナート)フードプロセッサー 1.9リットルDLC-191J

皆さんは手作りでパンの生地作りと聞くとどんなイメージが浮かびますか?
手や作業台を粉々にしながら必死に手でこねる。
ホームベーカリーで楽々、簡単に作れちゃう。
こんなところではないでしょうか?
現在はパンをこねるのは、手捏ね、ホームベーカリーという方が多いかと思います。
それぞれのメリットデメリットはこちら。
 
☆手ごね
デメリット:時間と手間がかかる。技術が必要なのでこねあがった生地の状態にばらつきが出やすい。
メリット:少ない粉量からパン生地が作れるので食べる分だけのパンが焼ける。その都度、生地の状態が確認できるので微調整が可能(技術、経験が必要)
 
☆ホームベーカリー
 デメリット:パンを作る以外に使えない。場所をとる。こねるのに15~20分ほど時間がかかる
メリット:捏ねに比べて手間はかからず、楽。
そこで、私がおすすめするのは「フードプロセッサー
こねる時間はなんと約2分!とっても短い時間でも機械の力でしっかりとこねるのでなめらかで伸びの良いパン生地ができる。2分で捏ねあがったら、あとは発酵を待ったり、分割・成型したりするだけ。パン生地以外に料理にも使える。
お値段は3万円前後で高いと感じるかもしれませんが、ホームベーカリーよりも場所は取りませんし、毎日のパン作りには"時短"ってとても重要ですよね!
そのような理由から総合的に考えてもパン生地作りにはフードプロセッサが一番がいいと思います。
 
パンを捏ねられるフードプロセッサーは色々あるのですが、捏ねられても150gと少量しか捏ねられないものがほとんどで、おすすめなのはサイズが豊富で、パワーもあるクイジナートです。
Cuisinart(クイジナート)フードプロセッサー 1.9リットルDLC-191Jで捏ねています。DLCシリーズでは、軽くて丈夫、においがつきにくく、衝撃や熱にも強い、強化プラスチック製のワークボールになっています。
 
美味しいパン生地をフードプロセッサーで作るのにはコツやポイントがあります。
当教室では美味しいパン生地作りができるようにしっかりレッスンします!
ぜひ、「フードプロセッサーでヘルシーなパンが2分で生地こね完了!
感動のパン教室」の体験レッスンへご参加ください。
 

お役立ち情報のまとめ